介護脱毛必要ない?デメリットやメリットは?

kaigodatsumou 美容

「介護脱毛」なるワードが出現してしばらくたちますが、実際に「介護脱毛」なるものをしている人はいるのでしょうか?

また、「介護脱毛」は必要ないのか?実際、介護をしてる人たちの体験談や感想をまとめてみました。

介護脱毛は必要ないか?必要か?を深堀してみたいと思います。

介護脱毛とは

「介護脱毛」とは、将来、自分が介護されるときに備えてアンダーヘアを脱毛することで、VIO脱毛のことを指します。

「終活脱毛」ともいうらしいですね。

みなさん、自分にためというより介助してくれる人のために脱毛を考えるようです。

介護脱毛は必要ない?

介護脱毛は本当に必要なのでしょうか?

実際に家族の介護をしている人や介護職の人たちはどのように思っているのでしょう?

介護脱毛必要と思う派

ロンブーの淳さん、介護脱毛しているそうです。

したほうがいいと思っている人は多いですね!

やはり、衛生面がいいというのはメリットですし、白髪になってしまうと脱毛できないので、40代、50代で始める人が多いというのは納得ですよね。

 

介護脱毛必要ないと思う派

介護脱毛デメリット・メリットは?

デメリット

  • お金がかかる
  • デリケート部分なので痛みがある
  • 温泉や婦人科検診に行ったときに、恥ずかしい
  • V形が固定される(永久脱毛の場合)

お金が発生するのを必要経費と思えるかどうかですかね。。。

メリット

  • 介護士や家族の負担を減らす事ができる。
  • 陰部の炎症や感染症予防になる。
  • 臭いやムレなど、不快感なく気持ちよく過ごす事ができる。
  • 家族にムダ毛の処理をさせるなど 恥ずかしい思いをせずに済む。

介護する側、される側両方にメリットがありますね。

介護脱毛の方法は?

介護脱毛しようかなと思ったとき、どんな方法でケアすることができるのでしょう?

医療脱毛サロンに行く

介護脱毛をしているサロンを調べてみました。

ミュゼ

リゼ

自宅でケアする

サロンやクリニックへ通うのは「恥ずかしい」「勇気が出ない」「費用が高すぎる」という人には、自宅で手軽に脱毛できて費用も安く抑えられる家庭用脱毛器での脱毛がおすすめです。

家庭用脱毛器は、VIOに対応していないものが多いですが、ケノンはデリケート部分にも対応しています。

サロンに通うのが難しい人や自宅でマイペースにケアしたい人にはお勧めですね!

まとめ

  • 「介護脱毛」は必要だと思っている人が多数でしたね。

今後他人にお世話になるかもしれないと考えたら、今のうちにケアしておくというのは大事なことかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました