東朔也(アズマサクヤ)は師匠の湯浅和夫?アナグラム・考察・新月

sakuyaazuma-kazuoyuasa ドラマ

天国と地獄6話も面白かったですね~。

個人的には、高橋一生が綾瀬はるかにしか見えなくて、癒されています♡

また、新しい名前が出てきました。

「東朔也アズマサクヤ」って誰?テレビの前の視聴者全員思いましたよね。

アナグラムや考察、新月の意味を探り、東朔也アズマサクヤは師匠の湯浅和夫なのではないかなど憶測されてます。

果たして、東朔也アズマサクヤは一体誰なのか?

東朔也(アズマサクヤ)は師匠の湯浅和夫?

 

天国と地獄が本当に面白い。

高橋一生と綾瀬はるかの演技が上手すぎて、役者さんってホントすごいよね

さて、東朔也アズマサクヤは、師匠の湯浅和男か?という点ですが、アナグラムを使うと微妙に違うのです。

アナグラムとは・・・

単語や文を構成する全ての文字を使って入れ替えを行い、別の意味にする。

東朔也をローマ字にすると・・・

sakuya azuma

yuasa kazuma ??

湯浅カズマになってしまいます。

師匠の名前は、湯浅和男ですから、アナグラムは当てはまらないんですよね。

しかし、陸にたまに探りを入れていたり、生い立ちが父親に振り回されて生きてきた、物語の初めのほうから、ずっと出ているので、何かしらのキーパーソンな匂いがプンプンします。

6話の最期、「東朔也」の名前を聞いた陸の表情が気になりましたよね。。。

陸は、東朔也を知っているのだろうかと思いました。

湯浅和男のアパートに行ったとき、表札が違うんですね。って会話で思いましたよ!

その表札名が「東朔也」だったのでは??

だから、陸は東朔也の名前を聞いたとき、見覚えがあったからあの表情になったのではないかと。

もうこれは、完全に妄想です。

追記:陸・師匠の湯浅和男がクウシュウゴウかもしれないと気づきましたね。

でも、それは表札が「東朔也」だったからではなかったですね!

しかし、師匠が東朔也(アズマサクヤ)だと知ってからも、師匠に付き合って奄美大島にいくんでしょうか?

>東朔也(アズマサクヤ)を演じる役者は誰?

朔夜=新月の夜

朔は、新月を表す言葉です。

つまり、朔也=朔夜は新月の夜ということになりますよね?

新月(中身:日高)は太陽(望月)と思っていましたが、実は日高は太陽で、新月(東朔也)なのか?

日高は望月と入れ替わる前に、誰かと入れ替わっていたのか?

だとしたら、それは東朔也なのか。。

もうなんだか訳が分かりませんね。

そして、まだ6話が終わったばかり、最終回が10話と予想すると、あと4話残っているので、まだまだそろわないピースが出てくる可能性は十分ありますし。

追記:まさかのアズマサクヤが日高の生き別れた双子の兄とは、さすが森下佳子さんですね。双子説を考察していた方もいました。

スゴイですね!

まとめ

この答えは、第7話で判明しますね。

日曜日が楽しみですね♪

>天国と地獄綾瀬はるかの口紅はどこの?キレイすぎてコスメCMか?

>【天国と地獄 】7話宍戸直樹が被害者?数字は9ではなくて6だった?

>【天国と地獄】 日高の家にあったヴィトンのような箱の中身は何?

コメント

タイトルとURLをコピーしました