「青天を衝け」はいつからいつまで?全何話で放送は何回?【大河ドラマ】

seitenwotsuke-itukara ドラマ

大河ドラマ「青天を衝け」の放送が始まりましたが、いつからいつまでの放送なのか気になりますね。

前作、大人気だった「麒麟が来る」も12月放送予定を超して1月の最終回でしたね。

大河ドラマ「青天を衝け」の放送はいつからいつまでなのか?

全何話で放送は何回になるのか?調べてみました。

大河ドラマ「青天を衝け」はいつからいつまで?

青天を衝けは2021年2月14日(日)から始まりました。

が、いつまでやるのかは、NHKからも公式には発表されていません。

約一年間、どうぞ最後までよろしくお願いします

引用:twitter

吉沢亮staffのツイートでは、約1年間と表現しています。

制作サイドのほうでも、コロナ禍の撮影・制作とあってはっきりとは決まっていないのが現状なのだと思います。

ただ、2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の放送予定が2月からに決定しています。

ということは、2020年年末までか2021年1月までの放送ではないかあと予想します。

「青天を衝け」全何話で放送は何回?

約1年間となっていますが、実際のところ全何話なんでしょうね?

過去の大河ドラマの放送が全何話で放送は何回だったのか見ていきましょう♪

作品名 放送期間 全話
麒麟が来る  2020年1月~2021年2月7日 全44話
いだてん 2019年1月~12月 全47話
西郷どん 2018年1月~12月16日 全47話
おんな城主 直虎 2017年1月~12月17日 全50話

過去歴代では、1年間で、1月スタートの同年12月には終了しています。

ただ、麒麟が来るに関しては、撮影がコロナによって中止になってしまうなど、なかなか進まないこともあって、放送期間が翌年にまで延びています。

その分、帳尻を合わせるために「青天を衝け」が短くなってしまう可能性もなきにしもあらずですよね。

青天を衝け 前編 (NHK大河ドラマガイド) [ 大森 美香 ]

楽天で購入

 

 

 

最近は、47話が続いていたので、47話前後になるのでは?と思います。

しかし、コロナがどうなるのか?

12月までに、制作側が帳尻を合わせるのか?

いろいろな事情で変わっていきそうですね。

今後、新しい情報が入り次第、また追記しますね。

まとめ

  • 放送期間は2021年2月14日から2021年12月か2022年1月までと予想。
  • 47話前後になるのではないかと予想。

まだまだ始まったばかりです。ドラマの展開を楽しみましょう♪

>青天を衝けがつまらない?面白くない面白くなさそうといわれる理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました